プロフィール
 

stellarhitomi

Author:stellarhitomi
ようこそ! 
魔法の種
 ~地球のたからもの~


このブログは自分の思いをつれづれに、飾らぬ思いで書いています。よろしかったらちょっとだけお立ち寄りください。

 

 
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
 
 
カテゴリ
月別アーカイブ
 
 

スポンサーサイト

 
--/--/--(--) Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Comment  |  Trackback
 
 

スーパードクター 

 
2009/01/28(Wed) Category : 未分類



少し前に、夜景のきれいな写真をUPしましたが、

あれは築地です。(って書いたか・・)


今日、母が聖路加国際病院というところで
手術を受けました。それが、築地。
父がかのホテルに宿泊し、母の付き添いをしています。
私も1日おきに通っておりますが・・母の状態は、

簡単にいうと背骨が折れて、つぶれた状態が起き、
それが神経を圧迫して麻痺がおこって痛い、歩けない、
という状態です。

もともと難病をもっていてその影響もあるのですが
10月に入院しすでに3か月。

どうにか寝たきりから克服し、車いすで転院し、
今日手術を受けました。


手術というとおおげさ~~な感じですが

背骨に針を入れて、セメントで骨を固めるとうようなものです。



手術が終わって戻った母に、夕方には

「立ってみましょう!」と主治医に言われ

トライしました。


ふらふらしているものの(寝たきりの生活)立てました!


主治医のひとりは、去年の11月にTVにて

寝たきり老人をなくす!と目標を掲げて特集になった

Dr. 沼口です。



70歳を近くして、歩くスピードは、颯爽と。

言葉に力、眼に力、のある方で

とても「ご老人」の域に入ろうかという年齢には見えません。



モニターを6台ならべたその手術室で、

自ら執刀してくださり、その技術を日本中に広めたいと

東奔西走の毎日です。



病院内の看護師の方々や、事務職の方々が

「すごい!」とおっしゃるくらいですから

本当に、すごい!!  でした。


まだ、歩けるほどにはなっておりませんが、

母の背中に開いた7つの針のような痕には、

先生の思いが重なります。



難しいことは、ちっともわからないけれど

家族としては、「神の手」とも言えるほど

の先生の存在に、心から、感謝です。


人の喜ぶ姿を眼を細めてご覧になる先生は

微笑みながら、母を激励してくださいました。



人が喜ぶことって、

周りも幸せにしてくれるのでしょうね。


そのことで受ける承認が、

さらに先生の情熱とパワーになっているんだろうな、って

思いました。


そしてその先生を信じて支える多くのスタッフは、

まっすぐ前をみて、先生の進む道に沿って歩んでいく、

チームワークの力、を見せてくれました。



診察室に掲げられた、スーパードクターの自筆の文字が

今も私の眼に焼き付いています。



「2018年までに、背骨が折れて寝たきりの

 日本中の老人を 全員自分の足で立てるようにする!」



信じて進む雄姿に、清々しい力を感じました。


まだまだ、がんばれる、日本。

ひとりひとりの力が、必要なんだと改めて思いました。


先生の治療を受けて、感謝する母から

また次の人へのパワーが伝染しますように・・・・



















スポンサーサイト
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

    
 
Home | Top ▲
 
検索フォーム
 
 
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
 
QR
 
RSSリンクの表示
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。