プロフィール
 

stellarhitomi

Author:stellarhitomi
ようこそ! 
魔法の種
 ~地球のたからもの~


このブログは自分の思いをつれづれに、飾らぬ思いで書いています。よろしかったらちょっとだけお立ち寄りください。

 

 
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
 
 
カテゴリ
月別アーカイブ
 
 

スポンサーサイト

 
--/--/--(--) Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Comment  |  Trackback
 
 

すてきな絵本になりました。

 
2009/03/25(Wed) Category : 未分類


アルク社刊の 「子ども英語」をお読みの方は

ご存じかもしれませんが、

何年か前に書いた 付録のストーリーが

絵本になりました。


『 I Like Ted. 』


少年Ryanと、木の Tedの 互いの良いところを認め合う

そんなお話です。


いくつかの動詞と、いくつかの形容詞をつかった

すてきなお話になりました。

その時の編集長TYさんと、いつか絵本になったらいいな!!

と話しながら書いたものです。


イラストも可愛らしく、温かで、

素敵なお話が、絵本に。

先週、ステラちゃんのイベントでも読ませていただきました。


自分を大事に、人も大事に

英語のスキルをアップするのに、私はこうした

場面タスクを与えられる物語はとても大事だと思います。


子ども達自身が、感じること、考えることが

言葉になる、と思っているからです。

道徳教育をしたいわけではありませんが、

友達の良いところを見つけられることって

とっても素敵なことだと思うし、

それを 大好きだよ。って言葉にのせて伝えられることは

言語教育には欠かせない要素だと思うからです。


いつか、編集部のOさんが、産経新聞でも

「公教育を問う」というコラムでこのストーリーを

取り上げてくださっていると教えてくれました。



残念ながら、この絵本、購入することができません。

アルクの児童英語教師養成講座のテキストだそうです。

これから英語指導者になる方々に読んでいただけるらしいです。



でも、子ども英語の付録でぜひ読んでいただきたい。

子ども達がどんなふうにお話を聴けるのか、

このお話を聞いて、どんなことを思うのか。

友達の、自分の、家族の、良いところを

見つけてくれるきっかけになったら

とっても嬉しく思います。



2009年春、嬉しいことのひとつです。

できる限り、私も子ども達に読んであげたいと思います。


img20090325.jpg










スポンサーサイト
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

    
 
Home | Top ▲
 
検索フォーム
 
 
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
 
QR
 
RSSリンクの表示
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。