プロフィール
 

stellarhitomi

Author:stellarhitomi
ようこそ! 
魔法の種
 ~地球のたからもの~


このブログは自分の思いをつれづれに、飾らぬ思いで書いています。よろしかったらちょっとだけお立ち寄りください。

 

 
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
 
 
カテゴリ
月別アーカイブ
 
 

スポンサーサイト

 
--/--/--(--) Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Comment  |  Trackback
 
 

おにぎりとみそ汁 

 
2011/03/15(Tue) Category : 家族

毎日つづく心痛むニュース

3月11日の午後以来、世界が変わった。



あの1月17日、阪神大震災の日、TVで観た惨状は
生まれて初めて見る世界だった。
燃える家、割れる高速道路、建物のなくなったガレキの山。
信じられない状況を、初めて見た日。

地震の怖さを知った。

自分が今、過ごしている家が壊れるなんて誰も想像していない。

自分の歩いている道がなくなるなんて誰も思うはずがない。



あれから、中越地震の被害や、東京都の地震、自分も遭遇し
怖いと何度も思った。


あの日、気分よく出かけた。
ここから約60km離れた幼稚園へレッスン視察。
車を停めた時、見上げた空は、少し異様だった。
強風に加え、不穏な雲ゆきだった。
何の根拠もない。 ただ、いつもの天気ではない気味の悪い感があった。

駐車場から歩いて幼稚園へ行く前に、保育園を通り過ぎる。
いつも通り子供たちが元気に外遊びをしていた。
フェンスを越えて、ボールが道路に飛んできた。
「あ、とってあげるよ。待ってて」
ボールをひろって園児と談笑した。
「あ、英語だ、英語だ。」と私をみて友達を呼ぶ子供たち。
「ね、私のこと覚えてる?」
「英語の人だよね!」
笑顔いっぱいに話しかけてくる。 
その笑顔に、不穏な天気を忘れた。

子供たちに "See you!!"と別れを告げて、幼稚園へと急ぐ。

こちらもいつも通り元気だ!
元気良すぎて、にらめっこの場面もあった。
歌ったり、踊ったり、大きな声であいさつしたり。
半分くらいレッスンが終わった後、その「揺れ」があった。
子供たちは一斉に、私達をみる。

園の先生のひとことで、全員退避。園庭に。
子供たちをとりまき先生達が声をかける。
お母さんが迎えに来るまで守らなければならない。
不安を少しでも取り除いてあげなければならない。

隣の保育園の子供たちの顔が浮かんだ。垣根越しに見えた子供たちは
先生の誘導で園庭へ避難していた。


反対隣りの中学校と高校から、生徒達の悲鳴が聞こえた。
娘がいる。 子供たちを抱きかかえながら、娘を思う。


どうなるの? 
どうしたらいい?

頭の中をかけめぐる思い。 
心臓がバクバク言っているのが子供たちに聞こえそうだった。

やっとの思いで駆けつけたお母さん達に子供たちを渡したあと、
隣りの様子をみた。 静かだった。 
電話、通じない。 不安・・
と、同時に会社に残したスタッフがどうであるか心配だった。
地元は? 子供たちは? 先生は?

いろんな思いが頭をかけめぐった。
とにかく、娘は学校に任せていったん事務所へ行こうと
車を走らせた。幹線道路だが、信号はすべて消えている。
怖かった。 のどがカラカラになった。
なんとか事務所にたどりついた時、地震も少しおさまっていたようだった。


その頃、二女の学校では校庭に退避した学生達に
先生が、ただちに対応をしてくれたらしい。
友達のお家の車に乗せていただき別ルートで帰った私が会えたのは
午後11時過ぎだったが、安心とともに、娘から「感謝」の言葉があった。

先生が、皆さんもおなかがすいたでしょう。
これをたべて元気をだしましょう!


って、先生達の手作りのおにぎりと、みそ汁がふるまわれたそうだ。

すぐに対応をしてくれたらしい。

「お母さん、お味噌汁がおいしかったんだよ!」と感動して伝えてくれた。


ありがたい。

まだ先生にもお会いできてないけれど、本当に、ありがたい。


私が園児とともにいる時、私の娘はほかの人に助けられている。

誰かのおかげで、こうして元気にいられる。


この感謝の気持ちを、私なりに伝えていきたい。

下を向いたら、涙がでそうな毎日だけれど、
子供たちのために、上をむいてガマンして、
子供たちのために、前をむいて歩く。


娘にとって、このおにぎりとお味噌汁は、何よりも美味しくて

生涯忘れられないものとなるだろう。

その感謝の気持ちが、将来に伝えられていくことを願う。



onigiri.jpg


miso soup















スポンサーサイト
 
コメントアイコン Comment4  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

No Title

がんばって!というしか出来なくて ごめんなさい。
hitomi先生の笑顔は 皆に元気を与えます。

 

ありがとう!

ありがとうございます!
そちら、大丈夫ですか?
先ほどかなりこちらも揺れました。
どうか、どうか、ご無事でいてください。

 

ありがとう!

大丈夫です。
ここを読んでいたから、とっさに炊飯器のスイッチを入れて、先ほどおにぎり作りました。

 

がんばろう!

うん。 そうだよね。
とても冷静に動いていて驚きです!
余震のたびに声にだして言い聞かせて
います。

だいじょうぶ。だいじょうぶ。

がんばって。がんばろう!

 

    
 
Home | Top ▲
 
検索フォーム
 
 
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
 
QR
 
RSSリンクの表示
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。