プロフィール
 

stellarhitomi

Author:stellarhitomi
ようこそ! 
魔法の種
 ~地球のたからもの~


このブログは自分の思いをつれづれに、飾らぬ思いで書いています。よろしかったらちょっとだけお立ち寄りください。

 

 
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
 
 
カテゴリ
月別アーカイブ
 
 

スポンサーサイト

 
--/--/--(--) Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Comment  |  Trackback
 
 

もう、どうにもとまらないっ

 
2005/10/26(Wed) Category : 未分類
久しぶりのBLOG。
わがいとしのKりんのBLOGで紹介されて思わず赤面の私笑い
ことの真相をこちらに明かしておこうと思う。

ここのところ、群馬にいながら自分が今日はどこで仕事しているのかさえ
忘れてしまうことがある。 そうこの数日間は金沢へ行っていた。
(金沢はいい街。 人も空気もゆっくり流れている。 金沢談は後ほど)
先週は、さいたま?そして、栃木にも行っていた。すっかり旅支度が
慣れてしまった私。 そして旅先で出会う人達の温かさ。嬉しい笑顔

その隙間のような時間に、日経新聞からの取材申込みがあった。
日経新聞? とんと縁がない。。。つい最近まではとっていたが
まさかそんな事は関係しているわけではないだろう。

聞けば、日曜日のコラムにコメントをというお申し入れだった・・・


場所は、ここのところ移動の拠点である丸の内OAZOビル。
時間が許せばこの地下でお惣菜と十二穀米のお弁当を食べるのが
目下の楽しみだ・・(別に弁当屋で取材したわけではない)

コーヒーショップでほんの1時間程度。

が、

取材は、4時間に及んだ。

テーマは「家族会議」 その名の通り、家族の中で様々な意見がある
ことを検証しつつ、問題提議を読者に投げかけているコラム。
過去には「家事を手伝う夫、手伝わない夫」など興味深いテーマが。
今回は、 「早期教育」。

子どもの可能性を引き出すために早期に教育を!と考える妻と
のんびり育てりゃいいんじゃないの?という夫の意見の相違。

つまり、児童英語を早期にと実践の場から私にコメントを、という企画
らしい。 そして当然だが異論も掲載されるという。 
聞けば某大学の教授だったりと早々たるメンバー。
「うわっ、ちょっと自信ないなぁ~」が正直な第一印象。

思わず出張先から娘にメールを。
「・・・・母さん自信ないよ。そんなにえらい人達に納得いく意見なんて・・」

これがまた、できた娘(親ばかです)で、すかさず

「誰かと比較して自分の自信を失うのは残念だ、ってずっとお母さんが
私に言ってきたことでしょ! どこの誰がどうこうじゃなくて、お母さんが
熱意をもって続けてきた20年間のことを話せばいいだけじゃん!」

母の私は絶句・・・困った 

背中を押されるように取材を受けた。
業界の仲間達はフィールドが同じ、バックグラウンドが同じだから
ツーカーの会話が成立するが、まったく異業種の人に私が考えている
教育が、意図が異なると困る。

プロフィールのようなことから、小さい時に子供たちが、、から
あらら~、 「もうどうにもとまらないっ!!」

私が年齢の小さい子を指導するのは、決して先に学ぶべきことを
前倒してやろうとしているわけじゃない。
子どもの心と身体の発達段階にそくした環境を与えること。
その選択肢を親である私達が持つことにより子供たちの可能性が
拡がること。 中学生で学ぶことを、今やるから意味があるわけではない。

それこそ、小さな時から、大きくなるまで、たった週に1度でも
ひとりひとりと関わっていく事の意味と、責任があることを
とまらない4時間で改めて感じた。

最近、別の会社の編集者からのつぶやきメールで気づいたが
取材をしていて、あちこち行く話しを戻しながら、記事に
なりそうなひとことを引き出して終えるエネルギーの要ること
といったら相当に疲れるらしい。

日経新聞のナイスガイは、さぞかし疲れただろう。。。
新幹線の改札口までていねいに送ってくれて、社に戻るという・・
あぁ、申しわけないっ!
と思いつつ、思いのたけを口角泡飛ばしながら論じた私は
まるで〇秘がすっきりしたかのような快感。

またやっちまった・・・「熱い」といわれる所以かもしれない。

と、懲りない私は今日はこれから隣りの県庁所在地におられる
教育長に面会する予定。
自重しつつ、またエネルギー放出する自分が予想される。
こんな人間が世の中にいてもいいんじゃない?ともうひとりの
自分がいるウインク

結果はまたBLOGでお知らせすることにしよう。。。

スポンサーサイト
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

    
 
Home | Top ▲
 
検索フォーム
 
 
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
 
QR
 
RSSリンクの表示
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。