プロフィール
 

stellarhitomi

Author:stellarhitomi
ようこそ! 
魔法の種
 ~地球のたからもの~


このブログは自分の思いをつれづれに、飾らぬ思いで書いています。よろしかったらちょっとだけお立ち寄りください。

 

 
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
 
 
カテゴリ
月別アーカイブ
 
 

スポンサーサイト

 
--/--/--(--) Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Comment  |  Trackback
 
 

忘れられない思い出?

 
2005/11/03(Thu) Category : 未分類
何人かの人にはお話したかもしれない、大事な生徒との会話。
ステラでは、卒業生を招いて在籍者とその保護者の集まりに
先輩としてのアドバイスや、現況を伝える会がある。

進級説明会。 小学校から中学へ。 中学から高校へ。

その高校へ進学するための説明会の時のこと。
スタート時から兄弟で通ってきていたH君。 すっごいワンパク坊主だった。
愛くるしい顔立ちをしながらやる事と言ったら豪快。
母親にも何度言ったか知れないほど。
その彼も中学になり、やがて高校生になり、そしてこの春、かの6大学の
英文科に進んだ。 彼が大学生になる直前の説明会で、後輩を目の前に
立派に自分の意見を述べた。 

そう・・・小学校高学年からだんだん口数が少なくなって
中学になってからは街で見かけても、軽く目で会釈するだけ、
変声期の声はほとんど聞けないほどみるみる間に大人になっていった。
その彼が立派に後輩に向けて、在学中の思い出や、アドバイスをしている。
成長したなぁ~と、目を細めてみる私。

スピーチが終わって私の隣に腰掛ける彼からひとこと。
「なぁ、Hitomi,俺達の関係って血より濃いよな・・・」
「は?」 と私。
「だってさ、14年も毎週、顔合わせてんだぜ」
「う、うん、そりゃそうだね。」
「だろ?」
「うん。」
「だからさ、遠くの親戚のオバサンより、ずっと近くにいるじゃん。」
「そうだね。」
「血より濃い関係だよ。よく考えてみればさ・・」
「・・・・」 ぐっと来るものがありました。

14年前は、ひとりでトイレに行けなくて、ぐずぐずしていた彼が
今は見上げるほど大きくなって、こんなセリフを言うなんて。

あぁ、、長く付き合うってこういうことなんかな。。。
嬉しい、と、ただ単純に思いました。

そして責任のある立場だなぁ~って。
彼、母親に聞いたなら、随分迷ったけど、やはり英語の道に進むと決めた
そうで・・・ なんかとっても心が温かくなって、嬉しいひと時でした。

ぐっとこらえて 「何言ってるのよ。 あなたトイレにひとりで行けるようになったの?」
と訊ねると、 「あはは。 俺、一生それ言われそうだな。」と一笑。
「ここ、俺達の母校だから・・・・」


お願い、泣かさないでよ。 だんだん涙もろい歳になったんだから・・・



スポンサーサイト
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

    
 
Home | Top ▲
 
検索フォーム
 
 
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
 
QR
 
RSSリンクの表示
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。