プロフィール
 

stellarhitomi

Author:stellarhitomi
ようこそ! 
魔法の種
 ~地球のたからもの~


このブログは自分の思いをつれづれに、飾らぬ思いで書いています。よろしかったらちょっとだけお立ち寄りください。

 

 
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
 
 
カテゴリ
月別アーカイブ
 
 

スポンサーサイト

 
--/--/--(--) Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Comment  |  Trackback
 
 

やくそく まもる?

 
2006/12/05(Tue) Category : 未分類

約束ごと、子ども達の毎日に約束事がいっぱい。

宿題。   

生活習慣。(時間、てつだい、etc...)

あそび。 (ともだち、家族、etc...)

それぞれの家庭でのやくそくごと、学校では?ともだちとは?



約束が守れたらどんな気持ちがする?

約束を守れなかったらどんな気分?


約束はだれのため?

約束を守れるのはだれ?



こんなふり方で、子ども達と話す。

根気よく、繰り返す。


宿題をやってこない生徒。

時間に遅れる生徒。

仕事場でも、同じ。


今朝、娘がつぶやいた。

「校門の前に、先生が5人くらい立って
服装をみているのよ。
大きな鏡までもってきて、自分の姿を
映してみなさいって。」
憤慨している。

「気分を害してるってわけね。なぜ?」

「なんか、みはってるって感じの目つきで
 信じられてないみたいな気がする。」

「信じられてないって感じかぁ~。。
 だから気分悪いんだ。」


きっといまどきの高校生。
いろんな手をつかって校則違反の容姿があるのだろう。


同じ質問をくりかえしてみる。


自分のモノサシで、自分自身の価値観に問わせる。
なぜ約束するんだろう。なぜ約束が大事なんだろう。

「命令」や「禁止」で人は動かない。


良い事だって、悪い事だって、

皆、自分のモノサシで判断する。

幼稚園の時も、今も、同じ。


だから、約束を守れた自分をほめられるし、

約束を守れなかった自分を省みる。


約束を守れた自分を想像してみて。

守れたとしたら、どんな気持ちがする?


自分で考える事ができるための

小さな生活習慣から、そんなことは身についていく。


すると、いつしか大人になって

自分のことを自分で決められる人になるのだと思っている。


子育て18年、まだ途中。

決して裁かない。







スポンサーサイト
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

    
 
Home | Top ▲
 
検索フォーム
 
 
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
 
QR
 
RSSリンクの表示
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。