プロフィール
 

stellarhitomi

Author:stellarhitomi
ようこそ! 
魔法の種
 ~地球のたからもの~


このブログは自分の思いをつれづれに、飾らぬ思いで書いています。よろしかったらちょっとだけお立ち寄りください。

 

 
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
 
 
カテゴリ
月別アーカイブ
 
 

スポンサーサイト

 
--/--/--(--) Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Comment  |  Trackback
 
 

常識と非常識

 
2007/04/10(Tue) Category : 未分類

新学期が始まりました。
4月の朝の街中は、なんとなくフレッシュな空気。
子ども達の元気な声でいっぱいです。

私も明後日から新入生。
大学での新しいお仕事が始ります。
ドキドキ、わくわくのスタートです。

街のあちらこちらから元気な「おはよう」が聞こえてきます。
気持ち良い朝のスタートです。


「あいさつ」は、常識です。

じゃぁ、あいさつをしない人は非常識?

それって誰が決めたこと?


常識と非常識。

常識とは、いったい誰が決めたもの?

常識とは、誰の価値観で決められたのだろう・・・


子ども達と共にスタートする私たちの仕事、
実は、この常識が結構話題になったりします。

母として、指導者として、
子ども達に数多くの見本やお話をします。

「あいさつするのは当たり前なのよ。」で片付けてはいないだろうか。

あいさつをすることが、当たり前と教える前に、

なぜ人はあいさつをするのか、
あいさつをするとどんな気持ちになるのか、


それを、子ども達に考えさせたいものだ。


常識と非常識、という言葉で片付ける前に

いちどその疑問を子ども達にぶつけてみたい。


「あいさつ」するとどんな気持ち?
「あいさつ」ってなぜするのかな?


「あいさつとは人間の基本、常識です。」と教える前に、
子ども達が自ら答えを見つけることができたなら、
それは子ども達が自分でみつけた価値観。

それを自ら発見して、自分なりの答えが見つけられたら
一生、自分からあいさつをするような人になるだろう。

わたし?

私は、あいさつをすることは、相手の存在を大事に思うから。
だから、あいさつを返してくれなくても自分からする。

子ども達にも、そう伝えている。

それが私の価値観だから、伝えているだけ。
子育てをしている最中も、どんなに小さくても
そう伝えてきた。

非言語でしか伝わらない小さな時も、そうやって伝えてきた。

だから、子ども達は勝手に自分で気づいてあいさつしてる。

常識って、自分で見つけるものなのかもしれない。
















スポンサーサイト
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

    
 
Home | Top ▲
 
検索フォーム
 
 
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
 
QR
 
RSSリンクの表示
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。