プロフィール
 

stellarhitomi

Author:stellarhitomi
ようこそ! 
魔法の種
 ~地球のたからもの~


このブログは自分の思いをつれづれに、飾らぬ思いで書いています。よろしかったらちょっとだけお立ち寄りください。

 

 
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
 
 
カテゴリ
月別アーカイブ
 
 

スポンサーサイト

 
--/--/--(--) Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Comment  |  Trackback
 
 

赤城山 英語キャンプ ~大学生の涙~

 
2007/12/27(Thu) Category : 未分類


雪がふっている中、ラジオ体操をしました。寒かった~、赤城山キャンプ。

子ども達のお世話は 基本的に大学生が面倒をみます。
夜になって泣きたくなってしまう子はいないか、
体調はどうか、
トイレにひとりで行けるか、
ご飯を食べられているか、
仲間とうまく関われているか、
外国人の先生の言っていることがわかるか、

挙げたらきりのないほどに、大学生の仕事はたくさんありました。
毎夜、皆が寝静まってからのミーティング。
へとへとに疲れて、眠かったでしょうが
みんなが真剣そのもので、子ども達のことをよく観察していました。

そう、見守ることの大事さを学びましたね。

手を出してしまえば簡単。
口で指示してしまったらすぐに答えがわかる。

よくガマンをしていました。
子ども達が自分の力でできたんだ!という経験をさせてやろう、
自分の力でコミュニケーションができた、伝えられた、
この思いを全員が持てるように、見守りながらサポートをしました。


別れ際に、涙をこぼしながら
子ども達とHugしてました。 また会おうね! 
くちぐちにそう言いながら、別れを惜しんでました。

大学生も多くを学びました。
見守ることの大事さ、認めることの大事さ、
3日間、本当に良い経験だったと思います。


誰かの役に立つこと


こうした交わりのなかで、学んだことは残ります。

人の喜びをみて、自分が喜ぶこと。

それは説くことではなく、自分のハートで感じることです。


バレンタインが近づいてきます。
ステラは、そんな思いを子ども達に少しでも与えられたら、、
という思いで、紙芝居をつくりました。

●誰かの役に立つ
●誰かの幸せを喜ぶ

21世紀の子ども達に一番学んでほしいことは
難しい漢字や、難しい公式よりも、

~ 人の喜ぶ姿をみて、自分も喜べる ~

そんな「ハート」なんです。








スポンサーサイト
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

    
 
Home | Top ▲
 
検索フォーム
 
 
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
 
QR
 
RSSリンクの表示
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。