プロフィール
 

stellarhitomi

Author:stellarhitomi
ようこそ! 
魔法の種
 ~地球のたからもの~


このブログは自分の思いをつれづれに、飾らぬ思いで書いています。よろしかったらちょっとだけお立ち寄りください。

 

 
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
 
 
カテゴリ
月別アーカイブ
 
 

スポンサーサイト

 
--/--/--(--) Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Comment  |  Trackback
 
 

それでも 春は来る!

 
2008/02/08(Fri) Category : 未分類



娘の受験。  


心配だけど代わってあげられない事実。



毎日、どこか隙間時間にメールや電話をしている。


声の調子はどうか。

ご飯は食べられてるか。

エアコンに慣れてない生活で体調は崩してないか。


「どうだった?」

は、聞くまい。


「うまくいった?」

などは言語道断。




それでも、母は、気になるいろいろ。




母も、母で、かなりまいっている状況があった。




すごい、、、、、


親子とはこういうことなのか。




励ましの電話のつもりで高速道路のサービスエリアの

駐車場で「元気にしてるぅ~~~?」



しばらく、何気ない会話。


うん、うん、と頷いたり、笑ったり、


すると突然  「お母さん、なんかあった?」





あなどれぬ、娘よ。



独り言のように、彼女は話し始めた。


1年前、もう外は歩けないと思うほど、自分の無力を嘆いた。


誰にも笑顔を見せられないと、確信した。


ずるい自分も、情けない自分も、イヤというほど、

知っていた。


「でもさ、お母さん、それでも春は来るんだよ。

 世の中はすべて自分と反対向きだって思ってたのに、

 それでも春は、確実に来るんだよ。

 だって、一歩外にでたら、

 暖かいんだもん・・・ 」




詰まった。 言葉がでなかった。

代わりに、涙がこぼれた。




感謝。



そんな言葉がふとよぎった。




「I am proud of you.」



照れて、ひとこと言ってみた。





今朝、実家に顔をだしてみた。

老いた夫婦は、今日で結婚50年目を迎える。


「ありがとうね」 目を細める両親。


その目の先には、ふたつの花かごがあった。


1つは、娘たちから。


もひとつは、私から。



「ありがとう。」



二つの花かごは、春を私に告げてくれた。
























 
スポンサーサイト
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

    
 
Home | Top ▲
 
検索フォーム
 
 
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
 
QR
 
RSSリンクの表示
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。