プロフィール
 

stellarhitomi

Author:stellarhitomi
ようこそ! 
魔法の種
 ~地球のたからもの~


このブログは自分の思いをつれづれに、飾らぬ思いで書いています。よろしかったらちょっとだけお立ち寄りください。

 

 
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
 
 
カテゴリ
月別アーカイブ
 
 

スポンサーサイト

 
--/--/--(--) Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Comment  |  Trackback
 
 

徹夜 と たたかう娘たち

 
2008/02/12(Tue) Category : 未分類



はじめてのお泊りで、娘の友達は絶好調!

楽しく夕食、テレビ、もうお話は尽きない。

母は、そろそろ疲れてきて、

早くお風呂にはいってくれないかなぁ~なんて思いつつ

仕事のきりがつかない。




やっとお風呂に入れたのは、午前2時過ぎ。

3人を子ども部屋に押し込んではみたものの

まだ、嬌声が聞こえる。



あぁ、もうだめ、、、

放っておいて寝ることにしよう。

明日の朝はゆっくりだ。。。。とつぶやきつつベッドへ。




爆睡zzzzz



ぐわ~~ん。  


掃除機の音で飛び起きた。




何事?!



寝室から飛び出ると、3人と目があった。


時間はまだ、6時前?



「どうしたの???」




いえ。。あの。。。その。。。。。。





「まさか、寝てないの??」


「あ、は、い、、、、」


「何してたの?」


「それが・・・」




Barbapapaの低反発クッションを枕に

話し込んでたらしい。



バシッ!!

という音とともに、破裂!




部屋中にまかれた無数の小さな粒。

極小さい白い粒が、帯電して、床から、壁から、

お布団にまで。。。。



まずい困った汗汗


と思った3名は、必死におそうじ。


静電気でくっついた粒はなかなかとれない。



・・・・結果、徹夜に・・・・



あーーーー、もーーーーー


「そのままでいいから、すぐ寝てちょうだい」


お布団もすべてお掃除のためにたたんでしまった3人、

おコタツにもぐらせると、1秒で爆睡。




可愛い寝顔で、寝てました。


きっと、大きくなった時に、この冷や汗の話題が

懐かしい思い出話になるんだろうな~。






スポンサーサイト
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

    
 
Home | Top ▲
 
検索フォーム
 
 
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
 
QR
 
RSSリンクの表示
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。