プロフィール
 

stellarhitomi

Author:stellarhitomi
ようこそ! 
魔法の種
 ~地球のたからもの~


このブログは自分の思いをつれづれに、飾らぬ思いで書いています。よろしかったらちょっとだけお立ち寄りください。

 

 
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
 
 
カテゴリ
月別アーカイブ
 
 

スポンサーサイト

 
--/--/--(--) Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Comment  |  Trackback
 
 

お母さんの涙

 
2011/04/22(Fri) Category : 仕事

窓の外をみると、すっかり花が散った桜の木。

ここから50km離れた場所で

授業中に見た風景。


90分講義を2つ続けると、結構疲れる。

体力勝負!?

休む暇なく、小学生達が廊下を走ってくる。


元気いっぱい、Hello!!!!! と叫びながら小学1年生。

彼らの身体からは、この廊下はとてつもなく広くて長くて

かけっこするにはもってこい!なんだろうな。

知らんぷりして、障害物になる。

速度を落としてくれるから。 笑



後ろから、サイズの大きい高学年がやってくる。

ちょっと声変わりしたくらいに大きな身体。

目の位置は同じくらい。



少年Aは、転校をして群馬の地に来たらしい。

とても穏やかで、礼儀正しい男子。

この放課後ボランティアの教室に通って数か月。

最初は、戸惑っていて声を出すのもやっと。

励まさず、追いたてず、そっとしておこうと思った。



しばらくして様子が変わった。

何度も授業中に注意をするくらい、周りの男子と話が尽きない。

Plase be quiet!

Can you listen to me?

何度も声をかける。



終わった後、お迎えにいらしたお母さん達。

Aのお母さんはとても穏やかな表情で、心配そうに。

直観で思った。

難しい年齢にさしかかった息子の様子が心配で・・

そんな言葉が聞こえてきそうだった。



さえぎるように言った。

「もう、何度も注意しましたよ~。

 みんな元気余りすぎてて、先生のお話を聞いてくれないから

 しっかり叱らせていただきました!」


  (申し訳ありません)と、表情が言っていた。


「でも、いいんです。 それくらい楽しい時間になっている

 そのくらい友達と話したいって思っている。

 その意欲が感じられて、とってもいい雰囲気です。

 だから、聴いてほしい時はしっかり言わせていただきます。

 心配しないで。 お任せください。

 楽しいこともいっぱい。 約束もできる。
  
 そんな風に思ってこのクラスに私がいます。
 
 だから、お家に帰っても、ちゃんと勉強したの?とか、

 先生の言うこと聴かなきゃだめよ、とか、

 な~~んにも言わないでください。

 この時間のことは、どうか私に任せてください。」



と、言うと、お母さんの顔がゆるんだ。

涙がひとすじ。



そうよね。お母さんはいつも子どものことが心配。

お母さんは、子供に良い子に育ってほしいから、

しっかりしつけないと、と使命感がいっぱい。

当然です。



でも、信じてあげましょうよ。

見えないところは、きっと子どもたちもがんばっている。

ちゃんと思いは伝わっている。

信じてあげましょうよ。


だから、元気に帰ってきたら、

「ちゃんと勉強したの!?」の代わりに、

「おかえり~! 楽しかった!?」って

笑顔で聞いてあげてください。



そんな思いで、お預かりしているんです。

それも、私たちの仕事だと思っていますから。





スポンサーサイト
 
コメントアイコン Comment3  |  Trackback0
 
 

雨がふって、桜って・・・・

 
2011/04/20(Wed) Category : つぶやき
やっとこのお山の桜は満開か!?

と思うほど日曜日は晴れました。


公園をぶらぶらと歩いてみると、

たくさんの人。


なんだか桜のピンクが薄い?

とは、連れのつぶやき・・・


そう言われてみると、そんな気も?!



よ~く近づいてみたら、

満開じゃなくて、まだつぼみがいっぱい。


これから咲くのね!



と期待して迎えた月曜日。

雨。。。

それもかなり冷たい雨。




あ~、これじゃ散ってしまう!?


と思ったけれどがんばってます。

ふんばってます。

雨にうたれても、

その花びらはとても薄くて淡いけれど、

しっかり枝に根付いて、

しっかり花を咲かせています。



すごいな。

この1年、まるでこの1週間?のために

1年間ずっと力を蓄えている。


春が終わって、緑の葉っぱをつけた頃、

もう誰も、桜を見上げて歩かない。


夏がきても、色とりどりに咲く花をみるために人は下を向いている

秋になれば、黄色や朱色の木々に隠れ、

寒い冬は雪をかぶって耐えている。


その1年のエネルギーは、

きっと、この1週間のために

ずっとずっと蓄えてきたエネルギー。


桜ってすごい。

長い間、その木の下を歩く人達を

ずっと何も言わずに見つめている。



桜ってすごい。

じっとたえる、その姿。




 
コメントアイコン Comment4  |  Trackback0
 
Home | Top ▲
 
検索フォーム
 
 
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
 
QR
 
RSSリンクの表示
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。