プロフィール
 

stellarhitomi

Author:stellarhitomi
ようこそ! 
魔法の種
 ~地球のたからもの~


このブログは自分の思いをつれづれに、飾らぬ思いで書いています。よろしかったらちょっとだけお立ち寄りください。

 

 
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
 
 
カテゴリ
月別アーカイブ
 
 

スポンサーサイト

 
--/--/--(--) Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Comment  |  Trackback
 
 

片付けものは、思い出みつけ

 
2010/08/27(Fri) Category : 家族

いよいよ2学期が開始された。
今朝、娘を駅に送る時には、小学生がぞろぞろ。
娘は9月1日始業なので、いつもの時間より1時間遅い。
自分の卒業した小学校の前を通りがかると、

「へぇ~~~、小学生ってあんなにちっちゃかったっけ~~!!」

と驚いていた。

「あなたも、こんなんだったのよ。笑」

「ランドセルがあんなに大きいんだ~~」

「あなたもよ。」


と、しばし信号待ちで、かわされた会話。
昔を懐かしむように、小学生をみて微笑の娘。


先週、少し片付けをしていて(ゴミ袋7つだした・・)
その娘の小さな時の思い出をみつけた。

お金の価値なんてまったくわからない頃の年齢だから
きっと普段の私の様子から、こんなものをくれたのだろう。

たいそう嬉しく、机の奥にしまったままにしていたようだ。

私の書斎の横に、1mくらいのコルクボードを貼っていて
そこに娘たちからもらったカードや、写真、遠くの仕事仲間から
もらった記念のカードや写真をべたべたと貼り付けている私。


机の奥から見つけた、遠い昔の娘のプレゼント。
それも貼っておくことにしよう。


「伝える」ことの大事さは、たとえ年齢が小さくても大きくても

まったく関係ない。 

思ったら、伝えてみよう。 

そこから何かが始まるにちがいない。



お手伝い券





スポンサーサイト
 
コメントアイコン Comment1  |  Trackback0
 
 

そのおばさんは怒った。  episode 1

 
2010/08/23(Mon) Category : 仕事


娘のバイト話は、面白い。

本人は、胃痛がするほど、結構ストレスたまっているが、

決してあの年では踏み入れない世界に突入したのだ。



近くのスーパーでレジに採用された娘は、「おばさん」が怖い。

私も買い物をするその「おばさん」の立場であるから、

急いで並んだところが、「実習生」の名札をつけたところだと、

"Oh, my GOD!!" の世界だ。


レジとは、迅速で正確で、愛想よく、そして置かれたもうひとつの

バスケットに、美しく並べられるもの・・・という定義だ。


小さい時から通っているなじみのあるスーパーだが、

きちっと髪をたばね、アイロンをパリッとかけた制服を着て

気合い入れていってる娘に、玄関で火打石でもカチッとやってやりたい気分だ。



「今日はうまくいった」
「今日は超混んでいて、疲れた~」
「今日は知り合いのMさんから声かけられた」


と、毎日あれこれあるのだが、そのおばさんは違った・・・


結構ほめられて、気合い満々の娘がレジを済ませて
十分に自宅の鏡で、「100万ドルの笑み」を練習した成果で
一礼し、「またお越しくださいませ!」
そのおばさんは帰って行った。

が、、、

そのままでは終わらなかった。

そのおばさん、ほんとに、またお越しになったのだ。

バスケット(マイバスケットというエコ持参型)をいまいちど
娘の目前のカウンターに、どん!と置き、

「ちょっとあんた、なにこれ!」(怒)


広いフロア中に聞こえるような声で怒鳴った。

慌てて、上司のAさんが、走り寄り、お客様に陳謝。
もちろん、娘も。
サービスカウンターで、さらにAさん、謝る。


なにしでかした、娘よ。


原因は・・ サニーレタスだった。。。。


ビニール袋に入れて購入したサニーレタスの水滴が
袋が横になったために、スーパーから出ておばさんの車に
置いたとたん、ほかの商品に水がかかったのだ。


あっちゃ~!


娘よ。 これで、ひとつ賢くなった。

スーパーで売られている葉物には、新鮮さを装い、潤いたっぷりに
シャワーがかけられているのだ。

重力の法則で下にたまったその水は、
いつでもしたたり落ちる。


教訓 :  葉物に注意! その水はこぼれないか!?






 
コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
 
 

そんなの関係ねぇ~

 
2010/08/20(Fri) Category : つぶやき

数年前に、流行ったことば。

「そんなの関係ねぇ~」

使い方はよくわからないが、あちこちで子どもたちが

繰り返していた。


「せんせい、英語でそんなの関係ねぇ~ってどういうの?」

と尋ねられたことも何度かあった。



ふと、思い返してみれば、「そんなの関係ねぇ」って言って

他人のことに目を向けない人達が増えているように思う。


確かに、関係ないかもしれない。

当人の問題だから、という視点に立てば、その通り!といえる。



でも、子供たちに触れている仕事をしている私は、

本当に、心から そんなの関係ねぇ~って簡単に思ってしまう子供がいたら

やっぱり、不安。



思い返してみよう。

大人にはそういうことはないのか?  子どもにそういう態度や言葉を

発してはいないか?



たとえば、街中で、困った人がいたら、「そんなの関係ねぇ」の代わりに

「急いでいるんだから、よそ見しないでさっさと歩きなさい」と。

隣で気分の悪い友達がいたら、「そんなの関係ねぇ」と言う代わりに、

「なんだよ、気持ち悪い。」と、見ぬふりをする。



なんでもお世話を焼けばいいと言っているのではない。

でも、関わりの薄い気持ちは、大人の教育と子供をとりまく環境から生まれると思う。



毎日のようにTVで報じられるニュースを見ても、

「そんなの関係ねぇ」ばっかりな事実があからさまだ。



「コミュニケーション能力の素地を育成する。」


立派な目標を掲げている文科省の人たちよ。

英語が、いいの悪いのと、論じるなかで迷ってはいけない。

英語の必要性と、

人間同士の関わりの問題は、

別に考えてほしい。  

コミュニケーション能力を育成するために、「英語という外国語を使う」

とは言われているが、日本語だいじょうぶ?という問題とは別に、

もっと、人との関わりを大切にする教育を施さないとならないのでは?


人のことを考える。

人に関心を持つ。

人と関わっていっしょに活動をしてみる。


この忙しい経済社会において、1日中子供につきあっていられる大人は少ない。

両親も忙しい。 教育は、誰まかせ?



勉強のHow To の前に、子供たちに学んでほしいこと、体験してほしいこと

もっとあると思うのだ。



さて、何から始める!?













 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

願いなさい。願いましょう。

 
2010/08/19(Thu) Category : つぶやき


昨日と同じ日は、1日もない。

何も変わらないよ。

昨日と同じ。

新しい事もないし、変化もない。



そんなつぶやきをよく耳にします。

そうね、そうかもしれない・・



でも、本当はどうなの?

同じ日なんてないと思う。



生きている限り、心が動くから

嬉しくなったり、悲しくなったり、

時に怒りを覚えたり、

どうしようもなく行き場のない思いを抱えたり


その「瞬間」に、感じる心があるから、

同じ時、同じ日なんてない。



なら、どうしよう。

どうせならば、同じ日がないならば、

同じように生きなくてもいいのかもしれない。


「今」心が動いたならば、 動いたように生きてみる。


諦めてしまうことは、自分を守っていることかもしれない。

泣いていることは、本当は心から笑ってみたいのかもしれない。

怖いから、知ってみたくなるのかもしれない。


背中あわせの思いが、自分の中にあると感じたら、

もうひとつの気持ちにも、目を向けてみたらどうだろう。



どうせ、駄目だ。

本当に?

駄目になるように願っている?

本当に?


心の不安を抱えていたとしても、

背中あわせに願うことをがあるならば、

不安に目を向けるより

願うことに目をむけてみよう。


やっぱりだめだ・・・

と、感じたら、

もしかしたら、最初の一歩から歩めということかもしれない。



願いなさい。

願いましょう。

自分の心に、素直に目をむけてみよう。








 
コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
 
 

楽しいキャンプ無事におわりました!

 
2010/08/11(Wed) Category : 仕事


暑い、暑い、熱いキャンプが終わりました。

毎年のことながら、終わってしまうとあっという間の3日間。

準備は春から始めます。

たくさんのスタッフがいてこその、キャンプです。


キャンプの3日間の様子をこちらで紹介しています。

良かったらご覧になってみてください。


キャンプ夏2010


子供たちの可愛いこと。

そしてその子供たちの世話をいっしょうけんめいにする大学生達の可愛いこと!


体は結構きついけど、

心は満たされた3日間でした。


秋には、「親子キャンプ」として、楽しい企画をしています。

群馬の夏、思いっきり楽しんだら、

実り豊かな秋に、ぜひお越しください。




 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
Home | Top ▲
 
検索フォーム
 
 
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
 
QR
 
RSSリンクの表示
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。