プロフィール
 

stellarhitomi

Author:stellarhitomi
ようこそ! 
魔法の種
 ~地球のたからもの~


このブログは自分の思いをつれづれに、飾らぬ思いで書いています。よろしかったらちょっとだけお立ち寄りください。

 

 
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
 
 
カテゴリ
月別アーカイブ
 
 

スポンサーサイト

 
--/--/--(--) Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Comment  |  Trackback
 
 

ついていけるかなぁ

 
2010/04/17(Sat) Category : 仕事

新学期がはじまった。

ちょっと話題になったけれど、今年から大学では

学内をすべて無線LANでつないで、出席管理など様々なことを

ネットでつなぐ。


それが、i pod touchを使っての方法。



少し前にブログでも書いたが、自身は最近音響を i pod touchを

使って無線でスピーカーに音を飛ばしている。


様々なジャンルの音を入れておいて、仕事で使う時に

ipod touchから操作をするのだ。

それも、あれ?あれ? などと言いながら全く使いこなせていない。



だというのに、今度は、生徒の出席管理もそれらで行うらしい。

全学生に、ipod touchを配布。

それもロゴ入り・・・

初めてみた瞬間。  「あ、水戸黄門の印籠だ・・・」と感じた。



いやはや・・初めての講義。

出席登録だけで15分もかかってしまった。


それが、これ。


IMG_5027.jpg






自分でシミュレーションしたスタートなどできようはずもない。

あたふた、あたふた・・汗、汗、汗。


調子くるうなぁ。

ついていけるのだろうか・・・



i pod touch









スポンサーサイト
 
コメントアイコン Comment7  |  Trackback0
 
 

ようこそ! 春の森学校へ!

 
2010/04/02(Fri) Category : 思い出

私や仲間たちと一緒に立ち上げたNPOで、「春の森学校」を開校しました!


春の森学校?  


早春の群馬の森を、自然を、子供たちとシェアする体験です。


今までも、夏、冬と3年間、 SUPER KIDS ENGLISH CAMP と題して、
英語キャンプを開催してきました。
ネイティブの先生たちと、大学生のお兄さん、お姉さんたちと
山で、森で、湖で、体験する 英語漬けのミニ留学経験!

今回は、はじめての春のキャンプ。


向井千秋さんにちなんでできた、世界一といわれる「ぐんま天文台」の星を
みんなで眺めに行きました。
輝く星は、 「シリウス!」 みんなしっかり目に焼き付けたようです。

地元でとれた野菜は、おいしい栄養をみんなにくれました。
だんご汁は、おいしいね! あっという間にみんな空っぽ!

まだ頬をさすような冷たい風が時々ふきます。
冬から春への移り変わりを感じ、 りすやむささびをみたり、
自然の中で過ごす子供たちの感動は、大人になっても忘れないでしょう。


さて、明日は何があるのかな?

春の森学校、3日間の体験が、子供たちの気づきをもたらしてくれるでしょう。


君たちが、その自然を守っていくんだよ。

頼んだぞ!


春の森学校ブログ



 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

母の誕生日  ~ 春 2010 ~

 
2010/04/01(Thu) Category : 未分類



久しぶりに長女が帰省。

たった1泊のショートステイ。



もっともっと話すこともあるように思うけれど

その笑顔と存在感だけで、じゅうぶん。

それが、家族。



離れていても、どこかつながっている。

いつも元気でいてほしいと願う。



親になってわかったことのひとつだ。



・・・・・ 私にも母がいる。

自分が若いころは少しも気づかなかったけれど

いつも離れた場所にいて、

私の健康や、幸せを願っていてくれた人。




母の誕生日。

1年前は、もう立って歩くこともできないと思った。

何カ月も入院して、寝たきりだった。



復活! 奇跡の人。


そのばあたん(母)のお誕生日にと、

長女と次女が、深夜から今朝にかけてつくった逸品!


自分がしてあげることより、なぜだかうれしい。


昼すぎにはもう東京へ帰るという。

まるで春一番のように、

やってきて、帰っていく長女。



もう、してあげられる事って少ないけれど、

見守りながら、

願いながら、

私も自立して、ひとりの人間としてがんばる。


背中をみて育つ

それももうほとんどないかもしれないけれど

私もがんばる。

それが、波動になって彼女に伝わっていれば

それでいいと思う。



嬉しい家族の連鎖。

母になれてよかった。 またひとつ嬉しいことがふえた。


「ありがとう」


100401_1103~0002




 
コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
 
Home | Top ▲
 
検索フォーム
 
 
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
 
QR
 
RSSリンクの表示
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。