プロフィール
 

stellarhitomi

Author:stellarhitomi
ようこそ! 
魔法の種
 ~地球のたからもの~


このブログは自分の思いをつれづれに、飾らぬ思いで書いています。よろしかったらちょっとだけお立ち寄りください。

 

 
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
 
 
カテゴリ
月別アーカイブ
 
 

スポンサーサイト

 
--/--/--(--) Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Comment  |  Trackback
 
 

けじめ

 
2010/03/20(Sat) Category : つぶやき



春のひかりを浴びながら  卒園式に出席した。

にこにこ笑う子供たちにお陽さまがきらきら輝いていた。

今日は、いつも英語のレッスンに伺う保育園の卒園式。


自分の娘たちは遠い昔のこと。

ここ何年かは、来賓席に座ることが多くなって・・・


全員が、はかまをはいて、学帽をかぶって、卒園式に出席する。

開始の時は、少し緊張気味の様子もあったが、

大きなお声でごあいさつ、お歌をうたうといつもの通りに元気な子供たち。



そしていよいよ卒園証書の授与。

ひとりずつ、「おかたづけ賞」「元気賞」「おねえさん賞」・・・

みんなべつべつの「賞」をもらいながら、

園長先生に証書を頂く。



「けじめ」


そんな言葉が浮かんだ。

たった6歳の子供たちにとって、

人生において、ひとりでりっぱにこの「けじめ」を迎えることができるのは

すごいことだ。


今までは、お父さんやお母さんに手をひかれて

行きたいところは、制限があった。  


今日は、違う。

お父さんやお母さんが、見守るなか、

ちゃんと、ひとりずつ。  「個」の姿で りっぱに 「けじめ」を迎えた。


人生において、初めての 「けじめ」


そう、これから先、ずっとずっと長い人生のなかで、

こうしてひとつずつ、「けじめ」をつけて歩んでいくのだ。



学んでいる。  

確かに子供たちは、ものすごいエネルギーで、 学んでいる。

善く生きている。



「おめでとう。」  りっぱな「けじめ」でした。



「はじめてのけじめ - 卒園証書」





スポンサーサイト
 
コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
 
 

娘に教えられたこと

 
2010/03/09(Tue) Category : 仕事


つい最近のレッスンで、起きたこと。

子供たちを教える仕事をしているといろんなことが起きる。



小学校高学年の女の子。
とても利発で、自分の言いたいことを表現できる積極的な態度。


チーム対抗のアクティビティをしていたら、
最後に勝敗を決める時、見えないようにズルをした。

チームで獲得したおはじきを、合計して数える時に、
こっそり手につかんだおはじきを、合計の山の中にまぜたのを見た。

すぐに表情を見たが、ごく自然で、とても声をかけられるムードではない。
そのまま、その子がいるチームが勝利を得て、終わった。


その子の普段の様子から、何食わぬ顔でそんなことをするとは
とても思えなかったので、少し帰り際に、がっかりした。


そのことを高校生になった娘に話した。
こんなことがあった・・・ 何も言えなかった。

娘は淡々と、私に言った。

「そのまま誰も気づかずに終わったならば、そのままがいいんじゃない?」

なぜ? だって、フェアじゃないよね。

「そう。ずるいことをして勝った。そこまでして勝ちたかったんでしょうね。
 でも、いつかきっと気づく時が来る。それが通らないことがある。」

そうかも。でも、今回のことをそのまま見過ごして
いいんだろうか・・・

「お母さん、つきとめたいの? 叱りたいの?」

いや、そうしたくないから、気持ちが晴れない。

「その場で話せなかったし、誰も気づいてないし、
 だとしたら、時間もたっているから、
 全員に向かって来週言えばいいじゃない」

なにを? どんなふうに?

「犯人捜しをしたいわけじゃないだろうから、
 脅してはだめよ。 フェアにがんばるってことが
 大事だってことを伝えたらいいだけだよね。 
 全員に向けて。」

そうよね。 その子、気づくかな。

「自分で気づくよ。 まずいことをしたなって。
 誰かに叱られたり、突っ込まれたわけじゃないけど
 居心地が悪いはず。」

そしたら?

「自分の中で、二つの気持ちがたたかうのかも。」


うん。 このままにしてもたいしたことではないんだけれど
ほんの小さなことが、ほかの時に、同じような気持ちで
起きたら行けないと思って。

「そう。ずるいことって、誰にも言わなければ、
 見つからなければできる、って思っていると
 それじゃ通らないことがいつか絶対にある。
 いま、それがわかったらいいけど、タイミングがあるよね。
 自分が気づけば、そんなことをして勝っても
 意味がないってこと、わかるよ。」



だよね・・ 
そうだよね。


娘に教えられた、クラスマネジメント。

頭ごなしに決めつけて怒ったりしないで
育ててよかったと思った。


「信じること」に勝るものはない、
そんな経験をした。


ありがとう。



 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

平面と立体

 
2010/03/08(Mon) Category : つぶやき

初夏を思わせるような暖かさを感じて、と思ったら、いきなり冬に逆戻り。
今日は寒い1日になりました。 
仕事を終えて、帰る高速道路では途中、みぞれになりました。


今日は小学校英語の資格講座。
それぞれ皆さん、悪天候の中、朝からお疲れ様でした。


最近、さまざまな分野の方とお会いすることが増えました。
今までならば、きっと会うこともないだろう、と思う人と出会うきっかけがあったり、
自分が求めていると思われる人たちと新しい意見を交換することがあったり・・


大学生とも色々な場面で、価値観や人生観を話すこともあるのですが
そんなことや、自分の毎日をふりかえりながら、思うこと。


自分が進みたい道、
自分がチャレンジしてみたいこと、


よく、耳にするのは、「何をしていいか決まらない。わからない。」という話題。
子供の時は、何も臆することなく、今、手にしたいものへ直球勝負。
それがだんだん大人になるにつれて、変化してきます。


ある意味、充実した1本の道筋を見つけてそれに沿って歩んでいく、
ということかもしれませんが
時に、子供の時のように、純粋で新しい視点で、
経験していくことも失いたくないと思います。


まず、分野にこだわらず平面を広げる。
つまり、面積を広げてみること・・かも。
新しいことをのぞいてみたり、体験してみたり、
自分から働きかけてみたり・・しながら広げる。

広げた面積には、たくさんの要素が含まれていて
自分が取捨選択するための体験をするかもしれません。

そして、立体にしていくこと。
広げた面積に、「深さ」をつけていくこと、、かもしれませんね。

1点集中で、狭い面積を深く、深く、
という人はそれでその道を極めていけばいいことでしょう。

けれども、人間は時に、違う視点にたって考えてみることも大事です。


たとえば、人とのつきあいでも。

様々な体験をして面積を増やしておけば、多くの視点も生まれる可能性がある。


○さんはこんな人、 と思っていたことが、
実は、こんな面もあったんだ、との気づきにもなる。

人間は常に変化しています。
年をとっていくことにすら、同じでとどまることはありません。

今日の気づきが、
明日の出会いが、
自分の人生を変えることだってあるはず。


平面と立体。
そんな、経験値をもってもいいのかな、って。


明日めざめたら、そんな気持ちで過ごしてみよう。








 
コメントアイコン Comment4  |  Trackback0
 
 

ブログ引っ越し完了

 
2010/03/05(Fri) Category : つぶやき

ブログのお引っ越しをしています。

なんだか機械オンチの私には、

こういうことがひと苦労・・・汗



まだ途中ですが、なんとかこちらにお立ち寄りいただけたらと思います。

これからもどうぞよろしく



 
コメントアイコン Comment3  |  Trackback0
 
Home | Top ▲
 
検索フォーム
 
 
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
 
QR
 
RSSリンクの表示
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。