プロフィール
 

stellarhitomi

Author:stellarhitomi
ようこそ! 
魔法の種
 ~地球のたからもの~


このブログは自分の思いをつれづれに、飾らぬ思いで書いています。よろしかったらちょっとだけお立ち寄りください。

 

 
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
 
 
カテゴリ
月別アーカイブ
 
 

スポンサーサイト

 
--/--/--(--) Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Comment  |  Trackback
 
 

EXILE

 
2008/10/31(Fri) Category : 未分類





最初は、なんじゃ、こいつら・・汗


って思ってた。

最近、「癒し」音楽がいいな、って
思ってたから、娘たちのこの趣味は、
よくいう
「あ~ぁ、最近の若いもんは・・・」だった。


けど、だんだん私の中で、変化がおきた。

彼女たちから聞く、彼らの姿は

私に変化をもたらした。

・・・ん?  案外、いいやつらかも・・



一見したら、あの風貌といい、

我が家の息子だったら、

どないしよ。。

な感じに思えてしかたなかった。


「ミラーのサングラスって、人に失礼じゃない?

 どこ見てるかわかんないじゃん!」


「あのムサイ髪の毛、どうにかなんないの?」


「歌ってるのは前にいる人だけで、周りは踊ってる
 だけじゃん。。。」


とかとかとか・・・


まぁ、踊るとか歌うとか、

嫌いな方じゃないけれど、なんとなく敬遠してた。



ひとつひとつ、カードを裏返すように、

娘たちは、教えてくれた。

自分たちがなぜ、彼らを好きなのか、

感動したことや、彼らの発言を、

まるで自分への言葉のように。



いま、ここのところ、車の中では

ずっとEXILEになってる。


私の中で彼らは「いいやつら」になった。



で、思いついた。

♪Won't be Long とかっていう歌。

むかあし、聴いたことあった。


この曲を聴きながら、間に入るラップを聴いて、

その日の大学の授業で、やってまった・・・


これでアクションしながら、

アルファベットソング♪


イントロは、ラップから

Get up! Stand up! Put your hands up!!
の繰り返し。
Wont' be long のところは、ぴったりA~Z。
スローなところは、walkとか、swimとか、とか・・


ぴったんこ!!



児童英語教師の方、ご興味あればお尋ねください。

結構、ノリノリのアルファベットソング(アクション付)

ご紹介しまっせ♪










スポンサーサイト
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

陽だまりのふたり

 
2008/10/30(Thu) Category : 未分類


娘を2人、産んで育てた。

まだ、育て中かな・・


結婚したら、子どもを産むのが普通だと思った20代

いろいろあったけれど、子どもに恵まれたことは

幸せだと思える。


1人目と2人目の間、病気をした。

結構大きな手術だった。

病気の原因がはっきりせずに、大学病院へひとり通う道。

まだ3歳の、長女を実家に預けて、通院した。

3歳の春。 あたたかな4月だった。



なんとか復帰して、2人目を授かった。

5歳違い。

離れているねぇ、とよく言われたが、

間に病気をしているので、5歳ちがい。


2人とも、10か月間のつわりだった。

苦しかった。

来る日も来る日も、つわりで、

ひきこもりのような生活だった。

私が、仕事をしなかったのは、この2人のつわり時期のみ。

そのうえ、帝王切開で、うんうんうなった・・苦笑



そして、病気をしたり、熱をだしたり、

数えきれないほどいろんなことがあった。

仕事へ行く、私の後姿をみて

どんなふうに思うんだろう。


何もかもが手探りで、

わからない。


毎日、一生懸命にただ、生きるだけ。


上の娘は20歳。

下の娘は15歳。


気づけば、こんなに大きくなった。



東京から帰り、のんびりと過ごす2人の姿。

楽しそうに、安心して、会話をする姿。

台所から、だまって眺めた。

一人っ子の私には、こういう図はなかった。



いいなぁ。

ふたりで、こうした時間をもてるのは。


普段は、慌ただしくて、ゆっくり会話をしているひまも

ないくらいに、携帯のメールが便利なツールになった。


昔は、交換日記をしていたっけ。


img20081030.jpg



読めないですね。。。笑


「ママへ おへんじくれてありがとう。
 えりいつまでも肩たたきおしてあげるね。
 ママあやねは重くなったでしょう。」


笑。二女を抱っこして肩こりの私に書いた
ある日の日記。


そのふたりが、大きくなった

ある日の陽だまり・・・

洗濯物をたたみながら、何を話しているのだろう・・・




img20081030_1.jpg





居場所・・・ふと、思い浮かんだ言葉。













 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

迷路

 
2008/10/19(Sun) Category : 未分類


迷路。


ずいぶん昔、鏡の部屋、っていう遊園地の迷路で

迷ったことを思い出しました。


はじめは面白半分に入ってみたけれど、

ゴツ!

イテテ!

映っているのは自分の姿ばかり、

先に進むことができなくなった時に、

だんだん不安になってきます。


出口はあるのだろうと、

最初からわかっていても、

ぶつかった時、とっても不安になるものです。


もしかしたら、出口って見つからない?


いつまでもこのままだったらどうしよう・・・・・



不安にかられ、足も止まり、汗もでてきて、

泣きたくなったこと、

思い出しました。




それでも、「出たい」という思いで

必死にぶつかりながら先に進んでいくと、

ひとすじの光がみえるようにゴールがあり、

そのドアを開けた瞬間に、

まぶしいばかりの外の光や、周りの景色が見えてきます。

きっと、どの人もその出口を出たときは

安心の気持ちで、いっぱいでしょう。



人生を生きていると

そんなことが、身の周りにいっぱいおきます。


立ち止まったり、

しゃがんでみたり、

背伸びをしてみたり、

耳を澄ましてみたり、

叩いてみたり、

いろんなことを試しても、なかなか見つからない

出口もあります。



それでも、必至で、

前を向いて、探す。

ありとあらゆる手がかりを、

目をこらし、耳を澄まし、

手で触れて、探す。


そんな風にもがいているうちに、

すーっと出口が見つかったりします。


なんでかな。

なかば、泣きべそ状態なのに。



そっか、

あきらめないから

続けるから

だから、なんとかしても見つけることができるんだ。



大事なのは、

道具や手段だけでなくて、

外に出たい!

と強く思うことなんだ。


その思い、あきらめずに持ち続けることで

出口はみつかるんだ。



一緒に歩いていきたい。

そんな風に迷った子供たちがいたら、

いえ、そんな風に迷った大人、親がいたら

一緒に歩いていきたい









 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

紙芝居の世界を体験すること

 
2008/10/15(Wed) Category : 未分類
イベントが無事に終了しました。

参加のお友達、そしてママ・パパ、
皆さんありがとうございました。


すでに「みんなの広場」でいただいたアンケートを
いくつかご紹介をしていますが、
皆さんに好評をいただきまして、スタッフ一同感謝です!


魔女学校


響きは、え? ですが、

楽しい魔女学校で、紙芝居の世界に入っていただきました。


夏の紙芝居をふりかえり、

なぜ魔女学校に行くことになったか、

そのためには何が必要か、

そして、みんなで楽しむことが、とってもすてき!

を体験していただきました。



親子で楽しむことが、

こんなにすてきなことだと

きっとお子さんたちが大きくなった時に

思うでしょう。


 (まぁ、親子で仮装ってのも、そうない体験ですわ・・)



たくさんの人数でわいわいがやがや楽しむイベントも
ありますが、みんなのお顔がみえる、
紙芝居を読んでいても、ひとりずつの反応がわかる
これはもう、製作者としても 読み手としても
最高の幸せです。


年齢別に、読み方を変えたり、
違う発話を促したり
反応をとって、質問で返してみたり
みんなならどう思う?と考える場面をつくったり、

ほんとに、紙芝居って奥が深いと実感です。


たった、12ページの中に、

いろんな要素が含まれていて、

お話として楽しいし、

わくわくする期待感あるし、

うわ~~よかった!とみんなが笑顔になるし、

そして、最後にゲームもできて、

実は、楽しかったのは先生達かもしれません。



しつこいくらいに練習した英語フレーズも、

帰る時には、使えるようになっていたことも

今回の新しいコンセプトが活きていると実感します。



この楽しさを、もっとたくさんのお友達に伝えたい。

お話の中を体験してもらいたい。

場面を体験できる、実感できれば、

子ども達それぞれに言葉が生まれます。


教え込まなくても、

口をあけて言わせなくても、

子ども達は、言いたいことを言いたいのです。



何回も、何回も、数えきれないほど

紙芝居を読んできましたが、

やっぱり、もっと読みたい。



また、今度も続きます。

ご興味のある方はぜひにHPへ。



そして、直近では、

10月26日に昭和女子大にて、JASTEC学会でのご紹介。

また、

11月9日は、宇都宮へまいります!

そして、

東京・大阪へとさらに続きます。



まずは、「ステラ広場・みんなの声」にお立ちよりください。



おお、ステライベントにご参加の皆様、

宿題・・・忘れないでね。笑

一緒にやってくださいな。

親子ですいません
















 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

これで決まりのハロウィン!

 
2008/10/07(Tue) Category : 未分類



イベントのお知らせをしましたが、


今日も読みました。紙芝居。→ 大学で。


相手は大学生なので、どうかな?

とも思いましたが、なぜか

" The end " と言って、閉じると、拍手をいただきます。笑




今、教育実習プランを立てている大学生は、一生懸命です。

年間のカリキュラムをたてて、

そこにツッコミ入れられて・・・汗

さらに、どうする?

なにする?

で、どうなる?

しつこく尋ねていきます。



そして課題です。 

がんばってます。

大学生。。。。。



本当は、イベントなども経験させてあげたいな~~。

子ども達のナマの笑顔、

ナマの感触、発話、反応、驚き!

見せてあげたいです~。



さて、このお山では、内職仕事、はじまってます。

イベントでのクラフトの準備です。

毎回イベント前は、みんなおおいそがし。

裏方は、本当に大変なんです。



で、今年のイベントクラフトは、

うふふ・・・♪

まぁ、タイトルどおり、これで決まり!


になるはずです。


あぁ、もうすぐだわ。

楽しみだわ。

子ども達の笑顔。


お届けしたいです~~♪


あ、それなら、来て、来て。

ぜひ一緒に楽しんじゃいましょう!!!



♪ We are going to trick or treat.

We are going to trick or treat.

We are going to trick or treat.

So grab your brooms and your bags.

Let's get something good to eat.

Let's get something good to eat.

Let's get something good to eat on Halloween night.


(CD Stellar World より)

  すぐに覚えられちゃう楽しいハロウィンソング、

  アマゾンでも好評いただいております~~~♪


  
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
Home | Top ▲
 
検索フォーム
 
 
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
 
QR
 
RSSリンクの表示
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。