プロフィール
 

stellarhitomi

Author:stellarhitomi
ようこそ! 
魔法の種
 ~地球のたからもの~


このブログは自分の思いをつれづれに、飾らぬ思いで書いています。よろしかったらちょっとだけお立ち寄りください。

 

 
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
 
 
カテゴリ
月別アーカイブ
 
 

スポンサーサイト

 
--/--/--(--) Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Comment  |  Trackback
 
 

忘れられない思い出 ?

 
2005/09/30(Fri) Category : 未分類
今年も10月、Halloween の季節が来た!幽霊
このHalloweenを意識して過ごす10月がもう20年来続いている。
昔は、6畳一間にテーブル置いて、クロスをかけて紙コップとお菓子で
子ども達と楽しんだハロウィンだった。 子ども・・たった4人・・・
楽しかったな。お面作ってみんなで Trick or Treat!

あの時からずっと秋にはハロウィンのことを考えている。
生徒が増えても、場所が変わっても、思いは同じ。


2004年の春、桜の散る頃、新幹線に揺られてゆっくりと東京駅の
ホームに入るときふと右手に大きな看板をみた。 

「丸善本店今秋開業」

えっ!?

丸善って日本橋から引っ越すの?
学生時代から通っていたあの丸善。 ここに? 東京駅の真ん前に?

しばし感慨にふける私の胸にこみ上げるものがあった。
・・・・
・・・ 「 びっくり 」

あの新しい窓に、ステラちゃんの大きな看板を貼るんだ!
そしてこうして遠くからでもステラちゃんが見えるようになるんだ!

妄想は続く。 東京駅に降り立った後も、ずっとその妄想と共にいた。

「できたらスゴイ!」
「いやいや、無理だわ・・」
「ううん、可能性はあるかも!?」
「・・・無理に決まってる」

仕事を終えてその工事現場の前に立った私は決心した!

・・・それから数ヶ月・・・・

真夏。 8月。
日本橋から丸の内に向けて歩いていた。
そう、担当者と一緒に現場視察。
エアコンなんてまだついてない。 エレベーターもない。
実際には4Fだったが、普通の建物だと6Fだという・・・ひぇ。。
中では、スタッフが車座になってなにやら打ち合わせ。

何度メールしたかな。
何度電話しただろう。

秋になった。
あのMマークの垂れ幕をビルの内側から見る自分がいた。
東京駅が正面に見える。 新幹線がホームに入るのが見える。

ここに子ども達を呼んでハロウィンイベントを開催する事になった。
「それはちょっと。。う~ん。。」
うなっていた担当者は、会場をセットアップしている。
このために作った2mx2mのおっきな「空飛ぶステラちゃん」のポスター
もできあがった。

2004年の秋、大勢の子ども達の Trick or treat ! の声が丸の内に
響きわたった。 たくさんの笑顔、笑顔、笑顔・・・

単純に嬉しかった。
80名の子ども達が集まってくれた。 楽しかった!
ビールが呑めたなら、頭からかぶりたいくらいの気持ちだった。

どこかのセミナーで、そんな話をしたことがあったけど、

そう、また今年も10月。 明後日、開催。
ずっと忘れられないだろうな。 この感動。
そうして私のHalloween は続く・・・

そう・・諦めない「能力」だとしたら、「心の状態」を指すのだろうと思った。
スポンサーサイト
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

毎日が記念日

 
2005/09/28(Wed) Category : 未分類
深夜、キッチンからガサゴソと音が聞こえる。 今は午前1時30分。
平成17年9月28日 二女の12回目の誕生日。
小ぶりだが、元気。 今年も無事に誕生日を迎えられる。
祖父と一緒に自分でケーキを予約。 今年はFマークらしい・・・
なんでも携帯ストラップをもらえるそうな。 Pekoちゃんの。
ママの大好きなPekoちゃんのストラップ。 自分の誕生日なのに・・笑

キッチン・・・パジャマにエプロンをした長女がケーキを焼いている。
きゅうりの輪切りのテストに不合格だった彼女が・・・大丈夫かな?
どうしても明日の朝、目覚めた時に、ダイニングの上に飾りたいんだそうな・・

記念日、思い出きざみ

時を重ねるごとに記念日が増える。
毎日、ちょっとした事でも心が動く。 自分が嬉しいことだけじゃない、
記念日・・・・ 長女の初ケーキ。 二女の誕生日にもらう携帯ストラップ。

一昨日は・・そうだ、大きな栗の入った羊羹を頂いた。
昨日は、オフィスに、秋の紅葉や銀杏が散りばめられた羊羹が・・宅急便で。
仕事先のテーブルにそっと置いてくださった方。 ありがとう。
仕事先で急に会えなくなった方。 ありがとう。
忘れないよ、、、  「羊羹記念日」 笑

明日はどんな日になるんだろう。
どんな記念日かな。 
時々、つらくなったり、悲しくなったりすることあるけど、
いいことあったらいいな! 
って記念日さがし。



 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

変化・進化

 
2005/09/23(Fri) Category : 未分類
しばらくぶりにブログへ。 毎日が飛ぶように過ぎていく。
忙しいという字は、【心を亡くす】 と書くが、
心が無くなってしまってないかチェックをする。 
人との会話、鏡に映ったふとした表情。
今日は笑ったかな? 誰かと笑顔で会話したっけ?
そんなことを思い出す。

職場で、「高校進学説明会」という催しを開いた。
例年開催しているスクールイベント。
ここ数年、私は何も準備を整えていない。
今回は、スタッフにひと言 
「先生、忙しかったら最初のあいさつだけお願いできれば
自分の仕事に戻って頂いていいですよ。」 苦笑。
ほんの数年前は、開催の案内からレジュメ、説明まで
自分でしないとならなかった。というか、私の手が
まわらなくなってきた事実もあるが、スタッフが全てをこなす。

感心した!
レジュメに書かれた時間どおり全てが速やかに進行している。
それぞれの担当の準備も速い。自分が大勢の前で
説明をするスタッフ達の段取りの良い運び。 
実に説明も堂に入ったものだ。 

「うまい!!」 拍手。

変化していくこと、その変化の過程では、今抱えている仕事にさらに
増えていくことがある。 しんどいだろうな。 大丈夫かな?
と思っていたのに、今では全く心配がない。
進化している。 みな威風堂々としたものだ。
当たり前になっているルーティンワークも、どんどん自分のペースで
進めていけている。 皆すごいな。 人前で話すことにこんなに
慣れたなんて・・・。

誰でも変化するときはローギアだ。
止っているものを動かすのだから、たくさんのエネルギーとパワーがいる。
しかし、その状況に慣れてくると、トップギアで走り続けることができる。 

変化・そして進化。
確実に、みな進んでいる。 



 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

気づきはいつでも、どこにでも

 
2005/09/13(Tue) Category : 未分類
一大イベントの運動会が終わった。この辺りは『秋の大運動会』だ。
2学期は行事が目白押し。 子ども達も忙しい毎日が続く。

運動会、子どもの成長が著しくわかるイベント。
1年生を見ているとびっくりする。 ・・・小さい・・・
おゆうぎ(ダンスっていうのか・・)、かけっこ(徒競走)、玉入れ、何をみても
みんな真剣。 わき目もふらず一目散とは、このことを言うのか。

我が家の娘は6年生。 これまたことのほか小さめサイズ。
6年生は花形だ。 マーチング。 わが子はカラーガード(Flag)。
可愛いユニフォームに12名の女子が身を包み、マーチングに華を添える。
長袖のユニフォームを来た6年生が昼ごはんもそこそこに整列。
ピンとはりつめた雰囲気。 先生の号令がかかる。

暑い日も、ユニフォームから汗がしたたり落ちるほどの練習を重ねてきた。
寒い日は、吐く息も白くかじかんだ手が真っ赤。

6年生全員がチームワークという言葉を味わうこの1年間の集大成。
5曲の演奏は素晴らしかった。 りりしくて、潔く、誇りたかく、美しい。
終わった時に、指導にあたられた先生が涙を流されて皆を、皆の協力を
ほめてくださった。
ビデオを撮る私の目もにじんだ。

子ども達は、晴々とした自信たっぷりの満足気な表情。
肩を抱き合って泣く子等もいた。

一体感  共有する思い  瞬間

達成した者だけに許される思い。

やるか、やらないか、 大人も多くの場面で迷う。
やれるか、やれないか、思案する。

多くの決断をする手がかりは、可能か可能でないか、というよりも
やりたいか どうか だと思う。
やる選択も、やらぬ選択も、全ては自身の思いにゆだねられる。

「やりたい!」 と思った瞬間に全ては 「やる」方向へ向かっているのだろう。

決意と手段。 どんな割合で事は成されるのだろうか。
そう、人によって、その割合が違うらしいが、
決意が100%になれば、手段は無限大に存在すると思う。

その『決意』とは、自身の中から湧いた 『やりたい!』という思いだ。

この胸の中で、この掌の中で、大事に育んできた娘はいつのまにか
成長していた。  6年間の軌跡。 成長のビデオを観ながら嬌声をあげる
娘は、自らの足で歩んでいる。

私が、「決意」する瞬間を大事にしたい。 
愛すべき娘達に、感謝。  

子ども達は、地球のたからもの・・・
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

Save the Earth

 
2005/09/02(Fri) Category : 未分類
我が娘達(高2と小6)、結構ユニーク。上の娘が幼稚園の頃からず~っと
続いている夏のイベント。 海?プール?温泉? いえいえ、、レジャーじゃ
ないんです。 
8月末の週末。 24時間テレビを観る。 しかも、Tシャツを買って。
今年も開始の時間になるとシャワーを浴びてTシャツに着替えてTVの前に
集合! なんだか変・・と母親は思っているのだが、結構気持ちが引き締まる。

時に自分を刻みつける 

5歳の夏は何をしてたかな?
下の子が生まれたときの夏はどんな風にしてこの番組観てただろう・・
あの年は、私は何をしていたかな~。

たいそうなことじゃないけど、思い出になったり・・・
子ども達の成長はめざましい。 他所のお子さんを預かる身としては
その成長をたくさん見せてもらえるチャンスに恵まれている。

6月の末、上の娘達の高校で文化祭があった。
母は仕事でいけなかった。 連日へとへとになって何かに取り組んで
いたことだけは知っていた。
出張中のホテルに、携帯メールが来た。
今にも携帯電話から飛び出してきそうな興奮ぶり。 

感動を分かつ

その時に送ってくれた写真。
市内を歩いてまわって集めたフイルムケースで作った地球。
スゴイ!! ひとつひとつにキリで穴を開けて、針金を通して
創ったという地球! Save the Earth のメッセージ。
手は傷とマメだらけ・・ 

「スゴイよ! これ! このまま引き取ってお母さんの教室でも
見せてあげたかったなぁ~~!」
「ダメだよ・・」
「あら、どうして? 恥ずかしいの?」
「ううん・・・天井まであるから、教室から出せないんだよ・・」
「・・・・・・・・汗・・・」

img20050902.jpg

 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
Home | Top ▲
 
検索フォーム
 
 
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
 
QR
 
RSSリンクの表示
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。