プロフィール
 

stellarhitomi

Author:stellarhitomi
ようこそ! 
魔法の種
 ~地球のたからもの~


このブログは自分の思いをつれづれに、飾らぬ思いで書いています。よろしかったらちょっとだけお立ち寄りください。

 

 
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
 
 
カテゴリ
月別アーカイブ
 
 

スポンサーサイト

 
--/--/--(--) Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Comment  |  Trackback
 
 

母のおにぎりは 世界一

 
2012/03/24(Sat) Category : 家族


風邪をひいて、季節の変わり目か体調がいまいち。
睡眠不足が続いて、気合いで乗り切れる年齢じゃないぞ~と、
心の声がつぶやく


食欲なくて、心配した母が
おにぎりを2つ。


ここのところ、娘たちを手放す寂しさからか
すっかり気落ちしてしまっていた私に
何よりの励ましだった

おにぎりは、うめぼしと鮭、
2つは食べられなかったけれど
ほおばってみたら、懐かしい味がした

今でも手に塩をつけてにぎる母の
おにぎりは、お米がつぶれずにピカピカひかっていた

なぜか、ほおばりながら、
涙があふれてとまらなかった

涙をぬぐうこともなく
おにぎりをほおばると、形が崩れて
ぼろぼろになった

来週、75回目の誕生日を迎える母は
もう何年も難病で、介護をうけている。
いくつになっても、娘のためにと
一生懸命ににぎってくれた、おにぎりは、
昔ほどの握力がなくて、食べると崩れてしまうのだろう

指先にいっぱいついた米粒をひとつひとつ
ひろいながら、昔を思う

アメリカでホームシックになった時、
インターネットも携帯もなくて
たった1枚のはがきに、
「お母さんのおにぎりが食べたい」と書いた。

羽田に迎えに来てくれた母は、
おにぎりをもってきてくれた。
帰りの電車に揺られながら、
懐かしい味だった

もう35年も前のことだ。
おにぎりは、今、自分でも作れるし
どこに行っても簡単に手に入る。

でも、母のおにぎりほど
美味しいものはない。

崩れてしまっても
あの塩加減と、輝く白いお米は
母にしかできない味。


母の味は決して変わらない。
にぎるたびに、思いがこもって
にぎる人のことを思って作ってくれる

このおにぎりを、何百回食べてきたか
今さら思いだせないけれど、
母のおにぎりは、世界一だ。


母は、口数が少ない
母は、私にうるさいことを言ったことはない
私が迷った時でも、苦しい時でも、
いつも変わらずに、優しい。


私が、ため息をつくと、何も聞かずに
そっとつぶやく。

「貴女の人生なんだから、貴女の好きなように生きなさい」


私は、そんな母親になれるのだろうか。












スポンサーサイト
 
コメントアイコン Comment1  |  Trackback0
 
 

娘たちの挑戦 

 
2012/02/23(Thu) Category : 家族


二女が大学に入ることになり、長女と一緒の生活を始めます。

長女をひとり旅立たせた4年前があっという間に過ぎて

すっかりひとり暮らしも慣れた頃、

今度は妹と一緒に住むことになりました。



この引っ越しに際して、私は主導権を彼女達に任せました。

最近はインターネットで検索をすることも容易になり

条件を入れると物件が様々でてきます。


来る日も来る日も物件を探し、条件を入れ替えて、探しながら

彼女達の新しい生活について、主導権は任せようと思いました。



母親はついつい、子どもを守ろうとするばかりに

指示をしてしまいます。


「ほら、早く宿題をしなさい。」「お風呂はまだなの?」

宿題を後になってやれば大変だと思うから、言うのですし

お風呂に入るのが遅くなると寝不足になって起きるのがつらいだろうと

言葉をかけます。



でも、それは子どもの自分の気づきのチャンスを奪ってしまうことになります。

小さい時から、このことを頭の中にいれて

母親は挑戦をしてきました。


子ども自身に考えさせる機会を与えるように話しかけてきました。

指示をされて動くことは、自分の意思ではありません。

指示をされなければ気づくことができなくなってしまいます。

ほら、大人にもいるでしょう? そういう人。



どんな小さな事でも、自分で決められるようになることが

大きくなって自分の足で立ち、自分で責任をとれるようになるのです。


まだまだ私の母親業は終わっていません。

「あ、また言っちゃった・・・汗」と続くことでしょう。


でも、そのことを知っていて心がけているのと、

全く知らずに指示を続け、指示通りに動けない子どもを責めているよりは

まだいいのだと自分を認めています。


こう思っている間は、自分にも伸びしろがあるだろうと

自分の成長過程を認め、自己を肯定し、承認します。



今、私が挑戦していることは、いつか娘たちが母親になった時に

きっと私が思うように悩んだり迷ったり、挑戦になるでしょう。


その時のために、今は彼女たちを見守ります。

昨夜遅く、メールがきました。

とりあえず住めるようになったと。


長女の引っ越しが終わりました。

二女が戻ってきたら今度は自分の荷物をまとめる番です。

来月には2人そろって新生活が始まります。


毎日、見えないところで、見えない生活がはじまります。

心配もあるし、不安もあります。

でも、私ができることは、彼女たちの挑戦を見守り続け

迷った時の居場所をもっていることだと思っています。



そんな経験談をまじえて、来週は子育てセミナーをいたします。

保育園の子育て支援センターでの講演です。

いっしょに考え、いっしょに見つけていくそんな集まりです。




2012年、何か新しい始まりが、生まれていきます。

来月2つの卒業式。

とても楽しみです。 がんばった2人に大きな拍手を贈りたいと思います。







 
コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
 
 

母の手は強い

 
2011/03/16(Wed) Category : 家族
いつのまにか、気づいたら

母の手になっていた。


若い頃、よく上司に言われた。

「おまえの指は(正確には、指だけは)きれいだな」


ほめられることなんて、そんなになかったけれど、
意識したこともなかったけれど、

「えー、そんなことありませんよぉー」なんて、照れて

そのあと、こっそり会社の外で、太陽に自分の手をかざして
まんざらでもなかった。

誰に自慢もできなかったけれど、
たったひとことが嬉しくて、爪をのばし、ネイルをぬって、
指輪もずいぶん奮発したっけ。


どんどん月日は流れて、私の手はいつのまにか

しわいっぱいの、ごつごつした、「母の手」になった。



地震のあと、揺れるたびに、もうすっかりにぎることのなくなった

娘の手をにぎるようになった。


「お母さん、こわいよ」と、高校生の娘が言う。

「うん。だいじょうぶ。だいじょうぶ。」


ほんとはちっとも大丈夫じゃないのに、
もっと揺れたら、どこから逃げようなんて、頭の中は高速回転しているのに

自分に言い聞かせるように、声に出して言う。

「だいじょうぶ。だいじょうぶ。」


あの日から、怖い思いをした時、思わず手をさしだす。
その手をしっかり握る娘の手。
しっかりと握り返す母の手。


私の指は、もはやネイルも指輪も似合う手ではなくなってしまったけれど、

気づけば、ばんそうこうばっかりの指だけど、

重ねた月日と同じくらい、母の手は強くなった。


何も言わなくても、しっかりと握る私の手、それは 「母の手」


そう、母の手は強いんです。

何があっても、この手は、貴女を離さないよ。



いつか、もっと月日がたって、貴女はこの手を離して誰かの手にゆだねるでしょう。

しっかりと貴女の手をにぎって導いてくれる人に出会うでしょう。

そしたら、この手を離して、お行きなさい。

貴女の手を、決して離さないひとのもとで、その手をしっかり握るの。

そして、もっと時がたったら、今度は貴女が、母の手になるの。

強い、強い、母の手になるの。














 
コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
 
 

おにぎりとみそ汁 

 
2011/03/15(Tue) Category : 家族

毎日つづく心痛むニュース

3月11日の午後以来、世界が変わった。



あの1月17日、阪神大震災の日、TVで観た惨状は
生まれて初めて見る世界だった。
燃える家、割れる高速道路、建物のなくなったガレキの山。
信じられない状況を、初めて見た日。

地震の怖さを知った。

自分が今、過ごしている家が壊れるなんて誰も想像していない。

自分の歩いている道がなくなるなんて誰も思うはずがない。



あれから、中越地震の被害や、東京都の地震、自分も遭遇し
怖いと何度も思った。


あの日、気分よく出かけた。
ここから約60km離れた幼稚園へレッスン視察。
車を停めた時、見上げた空は、少し異様だった。
強風に加え、不穏な雲ゆきだった。
何の根拠もない。 ただ、いつもの天気ではない気味の悪い感があった。

駐車場から歩いて幼稚園へ行く前に、保育園を通り過ぎる。
いつも通り子供たちが元気に外遊びをしていた。
フェンスを越えて、ボールが道路に飛んできた。
「あ、とってあげるよ。待ってて」
ボールをひろって園児と談笑した。
「あ、英語だ、英語だ。」と私をみて友達を呼ぶ子供たち。
「ね、私のこと覚えてる?」
「英語の人だよね!」
笑顔いっぱいに話しかけてくる。 
その笑顔に、不穏な天気を忘れた。

子供たちに "See you!!"と別れを告げて、幼稚園へと急ぐ。

こちらもいつも通り元気だ!
元気良すぎて、にらめっこの場面もあった。
歌ったり、踊ったり、大きな声であいさつしたり。
半分くらいレッスンが終わった後、その「揺れ」があった。
子供たちは一斉に、私達をみる。

園の先生のひとことで、全員退避。園庭に。
子供たちをとりまき先生達が声をかける。
お母さんが迎えに来るまで守らなければならない。
不安を少しでも取り除いてあげなければならない。

隣の保育園の子供たちの顔が浮かんだ。垣根越しに見えた子供たちは
先生の誘導で園庭へ避難していた。


反対隣りの中学校と高校から、生徒達の悲鳴が聞こえた。
娘がいる。 子供たちを抱きかかえながら、娘を思う。


どうなるの? 
どうしたらいい?

頭の中をかけめぐる思い。 
心臓がバクバク言っているのが子供たちに聞こえそうだった。

やっとの思いで駆けつけたお母さん達に子供たちを渡したあと、
隣りの様子をみた。 静かだった。 
電話、通じない。 不安・・
と、同時に会社に残したスタッフがどうであるか心配だった。
地元は? 子供たちは? 先生は?

いろんな思いが頭をかけめぐった。
とにかく、娘は学校に任せていったん事務所へ行こうと
車を走らせた。幹線道路だが、信号はすべて消えている。
怖かった。 のどがカラカラになった。
なんとか事務所にたどりついた時、地震も少しおさまっていたようだった。


その頃、二女の学校では校庭に退避した学生達に
先生が、ただちに対応をしてくれたらしい。
友達のお家の車に乗せていただき別ルートで帰った私が会えたのは
午後11時過ぎだったが、安心とともに、娘から「感謝」の言葉があった。

先生が、皆さんもおなかがすいたでしょう。
これをたべて元気をだしましょう!


って、先生達の手作りのおにぎりと、みそ汁がふるまわれたそうだ。

すぐに対応をしてくれたらしい。

「お母さん、お味噌汁がおいしかったんだよ!」と感動して伝えてくれた。


ありがたい。

まだ先生にもお会いできてないけれど、本当に、ありがたい。


私が園児とともにいる時、私の娘はほかの人に助けられている。

誰かのおかげで、こうして元気にいられる。


この感謝の気持ちを、私なりに伝えていきたい。

下を向いたら、涙がでそうな毎日だけれど、
子供たちのために、上をむいてガマンして、
子供たちのために、前をむいて歩く。


娘にとって、このおにぎりとお味噌汁は、何よりも美味しくて

生涯忘れられないものとなるだろう。

その感謝の気持ちが、将来に伝えられていくことを願う。



onigiri.jpg


miso soup















 
コメントアイコン Comment4  |  Trackback0
 
 

クリスマス こんなん届きましたけどぉ

 
2010/12/22(Wed) Category : 家族
2010クリスマス。 我が家の。
なんか、でかいの届きました!



2010xmas2.jpg


どんくらいデカイかというと・・・
小さいピンクの袋が、A4サイズです。


2010xmas1.jpg


ほぉほぉ
で、なにが入っているかといえば・・






2010xmas3.jpg



ひょぇ~~~。


って・・・うっそ!

 (親子して、アホなことしてすんません・・)


大きなクリスマスプレゼントが二女に届きました。
抱えてよいしょ、よいしょ。
中からでてきたのは、ほんとは、これ↓↓

夜がまたきれいです~。 LEDがやわらかい光を放ち、
いい感じぃ~ 



2010xmastree.jpg


我が家の Happy Christmas でした!




 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
Home | Top ▲
 
検索フォーム
 
 
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
 
QR
 
RSSリンクの表示
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。