プロフィール
 

stellarhitomi

Author:stellarhitomi
ようこそ! 
魔法の種
 ~地球のたからもの~


このブログは自分の思いをつれづれに、飾らぬ思いで書いています。よろしかったらちょっとだけお立ち寄りください。

 

 
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
 
 
カテゴリ
月別アーカイブ
 
 

スポンサーサイト

 
--/--/--(--) Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Comment  |  Trackback
 
 

母のおにぎりは 世界一

 
2012/03/24(Sat) Category : 家族


風邪をひいて、季節の変わり目か体調がいまいち。
睡眠不足が続いて、気合いで乗り切れる年齢じゃないぞ~と、
心の声がつぶやく


食欲なくて、心配した母が
おにぎりを2つ。


ここのところ、娘たちを手放す寂しさからか
すっかり気落ちしてしまっていた私に
何よりの励ましだった

おにぎりは、うめぼしと鮭、
2つは食べられなかったけれど
ほおばってみたら、懐かしい味がした

今でも手に塩をつけてにぎる母の
おにぎりは、お米がつぶれずにピカピカひかっていた

なぜか、ほおばりながら、
涙があふれてとまらなかった

涙をぬぐうこともなく
おにぎりをほおばると、形が崩れて
ぼろぼろになった

来週、75回目の誕生日を迎える母は
もう何年も難病で、介護をうけている。
いくつになっても、娘のためにと
一生懸命ににぎってくれた、おにぎりは、
昔ほどの握力がなくて、食べると崩れてしまうのだろう

指先にいっぱいついた米粒をひとつひとつ
ひろいながら、昔を思う

アメリカでホームシックになった時、
インターネットも携帯もなくて
たった1枚のはがきに、
「お母さんのおにぎりが食べたい」と書いた。

羽田に迎えに来てくれた母は、
おにぎりをもってきてくれた。
帰りの電車に揺られながら、
懐かしい味だった

もう35年も前のことだ。
おにぎりは、今、自分でも作れるし
どこに行っても簡単に手に入る。

でも、母のおにぎりほど
美味しいものはない。

崩れてしまっても
あの塩加減と、輝く白いお米は
母にしかできない味。


母の味は決して変わらない。
にぎるたびに、思いがこもって
にぎる人のことを思って作ってくれる

このおにぎりを、何百回食べてきたか
今さら思いだせないけれど、
母のおにぎりは、世界一だ。


母は、口数が少ない
母は、私にうるさいことを言ったことはない
私が迷った時でも、苦しい時でも、
いつも変わらずに、優しい。


私が、ため息をつくと、何も聞かずに
そっとつぶやく。

「貴女の人生なんだから、貴女の好きなように生きなさい」


私は、そんな母親になれるのだろうか。












スポンサーサイト
 
コメントアイコン Comment1  |  Trackback0
 
 

娘たちの挑戦 

 
2012/02/23(Thu) Category : 家族


二女が大学に入ることになり、長女と一緒の生活を始めます。

長女をひとり旅立たせた4年前があっという間に過ぎて

すっかりひとり暮らしも慣れた頃、

今度は妹と一緒に住むことになりました。



この引っ越しに際して、私は主導権を彼女達に任せました。

最近はインターネットで検索をすることも容易になり

条件を入れると物件が様々でてきます。


来る日も来る日も物件を探し、条件を入れ替えて、探しながら

彼女達の新しい生活について、主導権は任せようと思いました。



母親はついつい、子どもを守ろうとするばかりに

指示をしてしまいます。


「ほら、早く宿題をしなさい。」「お風呂はまだなの?」

宿題を後になってやれば大変だと思うから、言うのですし

お風呂に入るのが遅くなると寝不足になって起きるのがつらいだろうと

言葉をかけます。



でも、それは子どもの自分の気づきのチャンスを奪ってしまうことになります。

小さい時から、このことを頭の中にいれて

母親は挑戦をしてきました。


子ども自身に考えさせる機会を与えるように話しかけてきました。

指示をされて動くことは、自分の意思ではありません。

指示をされなければ気づくことができなくなってしまいます。

ほら、大人にもいるでしょう? そういう人。



どんな小さな事でも、自分で決められるようになることが

大きくなって自分の足で立ち、自分で責任をとれるようになるのです。


まだまだ私の母親業は終わっていません。

「あ、また言っちゃった・・・汗」と続くことでしょう。


でも、そのことを知っていて心がけているのと、

全く知らずに指示を続け、指示通りに動けない子どもを責めているよりは

まだいいのだと自分を認めています。


こう思っている間は、自分にも伸びしろがあるだろうと

自分の成長過程を認め、自己を肯定し、承認します。



今、私が挑戦していることは、いつか娘たちが母親になった時に

きっと私が思うように悩んだり迷ったり、挑戦になるでしょう。


その時のために、今は彼女たちを見守ります。

昨夜遅く、メールがきました。

とりあえず住めるようになったと。


長女の引っ越しが終わりました。

二女が戻ってきたら今度は自分の荷物をまとめる番です。

来月には2人そろって新生活が始まります。


毎日、見えないところで、見えない生活がはじまります。

心配もあるし、不安もあります。

でも、私ができることは、彼女たちの挑戦を見守り続け

迷った時の居場所をもっていることだと思っています。



そんな経験談をまじえて、来週は子育てセミナーをいたします。

保育園の子育て支援センターでの講演です。

いっしょに考え、いっしょに見つけていくそんな集まりです。




2012年、何か新しい始まりが、生まれていきます。

来月2つの卒業式。

とても楽しみです。 がんばった2人に大きな拍手を贈りたいと思います。







 
コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
 
 

ご縁 偶然か 必然か

 
2012/01/28(Sat) Category : 思い出
2012年、ひとつのお仕事が区切りを迎えました。

複数の大学で、先生と呼ばれるお仕事をしていて

毎年この時期にひとつ区切りがあります。


短大の学生さんとの1年の区切りに、

とってもステキなプレゼントをいただきました。


素敵なブーケと、寄せ書き、そして思い出の写真をつらねたパワーポイント。

とっても嬉しくて、言葉もないまま授業の時間にも関わらず

特等席で皆さんからのサプライズ。


いっしょにパワーポイントを観ながら、

あふれる涙、涙、涙・・・


いっぱいの「ありがとう」と

いっぱいの「だいすきだよ」と

いただきました。


偶然のような出会いから、きっとこれは必然だったのかもしれないと

思えるような関係ができたと素直に思いました。


言葉もでなかったけれど、

私もこぼれる涙を隠すことなく

「ありがとう!」とくりかえすだけ。


きっと、偶然。 きっと、必然。

これから社会に旅立つ貴女たちは、

いつかどこかで、この「時」を思いだしてくれるならば

私はこのうえない幸せ者です。


とても素直に感謝して、そして、またがんばろうと

心から思いました。


ありがとう。

すてきな大人になって、この世の中を輝かせてください。

IMG_2653.jpg




 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

大阪でお会いしましょ!

 
2012/01/21(Sat) Category : 仕事


雪がしんしん・・ 
都でも雪がふったようですね。
このお山も、真っ白になりましたよ。

子ども達は雪がふったら、この季節しか感じられない
寒さと、白いふわふわの雪を喜びます。

日本には季節があって、その季節ごとに
楽しめるいろんなことがありますね。

思い出をきざむ。
そんな楽しみを、いっしょに子ども達と。


さて、大阪でお会いしましょ。

タイトルのごとく、1月22日(日)大阪で久しぶりの
かっし~との楽しいプレゼンテーションです。


バレンタインの季節がもうじきやってきますね。
家族や、友だちや、自分の大切な人達に

「だいすきだよ」

「ありがとう」

って伝えたい日ですね。

そんなテーマを紙芝居にしました。どうぞいらしてくださいね。
楽しい歌や、チャンツ、そして読み聞かせを
どうかご一緒に。


1月22日(日) 大阪 心斎橋 ハートン日生御堂筋ビル

Nellie's ELT Festival です。

詳しくはこちらへ。 当日の受付もOKです!


皆さんにお会いできるのを楽しみにしております!

Welcome to Stellar World!!




 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

あげる、より、もらう

 
2011/12/31(Sat) Category : つぶやき
2011年 1年前には何してたかな~って
思い出すのも、どうだったかしら・・なんてほどに
この1年はとても早く過ぎたように思います。

もう1年をふりかえる時になっているなんて
外にうっすら積もる雪をながめながら
思います。


またお正月が来るな・・と世間のせわしない人達の姿をみて
私をふりかえる。


自分にぴったりな言葉を見つけていたら、
「一生懸命」という言葉が見つかりました。

そうか・・大きなお山を見上げて、ため息をふーっとつくことが
いっぱいあったけれど、誰かさんに言われた言葉を思い出しながら

お山の大きさを見つめてため息をつくよりも
今、自分の目の前にあるお山を少しずつくずしていけば
お山はだんだん小さくなる。

そうやって人は、毎日みんな、子どもだって大人だって
生きているんだよ。


そうかぁあ! 
つらい事もあったし、かなしい出来事もあった。
心が痛くてどうしようもない事もあった。
でも、みんなそうやって目の前のお山を少しずつ切り崩しながら
生きているのかぁ・・

「せんせい」なんて呼ばれてずいぶん長い時間になったけれど
もしかしたら私って、「教えている」よりも、「教えられている」方が
多いのかもしれないな、って思いました。

「あげる よりも もらっているものの方が多いかも。」


あの子の笑顔も、あの子の「ありがとう」も
みんな私を嬉しくしてくれた。

小さい掌が、私の手とむすびあった時、その温かさは
もらっているものだったのかもしれない。


この週末に3日間のキャンプをしました。
実は左肩を痛めて湿布をはっていたのに、
右腕を痛めて、重いものも持てないし、マグカップを持ち上げるのも痛い。
大丈夫だろうか、って不安もあったけれど
子ども達と過ごしたこの3日間に、いっぱいもらった「Thank you」は
私の心を満たしてくれました。


前のキャンプに来た時に、ひとりで勝手にふるまって
叱られたT君が、今回もまた来てくれました。
案の定、どうも行動や言動が、ひとりよがりで我がままです。
チームワークって言葉には縁がないのかも?って(笑)

そのT君が、キャンプで一緒の友だちに言いました。
「おまえ、もう来ないって? どうして?
 おれは、小学校を卒業するまで毎年来るよ」って。
キャンプの間中、「これこれ」 「やれやれ」と何かと声をかけられ
注意をされてしまうT君が、そんな事を言うなんて思えなかった。

嬉しかったなぁ・・・


大きなお山を見上げてため息をついている人、子ども達を見つけたら
横に並んで一緒に見上げて、少しずつ切り崩していく姿を見せたい。
「こうしなさい」「あ~しなさい」と言う前に、
「こうしてみようっと」「やってみる」と自らがトライしている姿を
見せるだけでいいと思いました。


英語の単語をひとつでも覚えようとしている姿がそこにあるなら
私も一緒にひとつ覚えよう。


2011年は、もうすぐ暮れていきます。
そして、また新しい年がやってきます。

ほら、そこでため息ついている人・・
目の前の大変なお山も、少しずつできることからしていったら
きっと小さくなる。


そうやって一緒に歩いてみませんか。



あげる、より、もらう ことの多かった2011年。

素直に、「ありがとう」と言えるような気がします。




全体2011冬




 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
Home | Top ▲
 
検索フォーム
 
 
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
 
QR
 
RSSリンクの表示
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。